進化するグーグル




グーグルは「検索する」ということを全世界に習慣づけたIT関連のビジネスのパイオニアです。ライバルとされるマイクロソフトもPCのソフトウェアに力を注いできて、これまで検索事業には力を入れていなかった印象があります。

その姿勢の違いが現在の便利さの状況の差となって、現状グーグルは競合他社を圧倒する存在となっています。日本では例外的にヤフージャパンが検索事業では大きなシェアを持っていますが、徐々にグーグルのシェアが追いついている状況です。

検索結果の公平性、検索精度、情報の最新性などどれをとってもヤフーはグーグルに水をあけられています。利用者がこれに気づいてヤフー離れを起こす前に手を打った印象の強いのがヤフーのBingシステムの採用です。

検索事業の維持、メンテナンス費用を抑えることが目的でしょうがこの決断が吉とでるか凶と出るかは今後のIT関連の注目事項の一つでしょう。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック